業務紹介

Work contents

車両(GSE)整備事業

航空機牽引車やパッセンジャーステップ車、除雪車など航空機の周りで活躍する地上支援器材(Ground Support Equipment)に関して、保守管理、メンテナンス、設計、製作、販売まで含め、幅広く役割を担っております。

メインとなるのは羽田空港にある当社工場でのメンテナンス作業となります。ANAグループの基幹空港である羽田空港で稼働するGSEの品質を維持・向上させていくことで、ANAグループのON TIMEフライトをサポートします。

羽田空港以外でも、全国のANAグループ就航空港に配置している1万台を超えるGSEの管理業務を当社が一元的に担っております。日々の品質管理から規模の大きい整備作業まで、広い範囲で技術支援を行っております。加えて、ANAが新規にGSEを購入する際は、国内だけではなく、海外のGSEメーカーの製造工場の場において出荷前の品質検査を行うなど、グローバルな一面も持っております。

また、旅客用ステップや整備用スタンドなど、非自走型を中心としたGSEを自社で設計・開発・販売し、今も沢山の空港で活躍しております。

  • GSEおよび一般車両の保守メンテナンス/車検/修理/改修
  • 日本全国の空港に対するGSEに関する技術支援/部品供給
  • 日本全国の空港に配置されているANA所有GSEの管理業務
    (GSE一元管理業務)
  • 非自走型GSEを中心とした設計/製作/販売

車両(GSE)整備事業01

車両(GSE)整備事業02

空港機器整備事業

空港機器部の活躍するフィールドは全国の空港となります。
PBB(Passenger Boarding Bridge)と呼ばれる航空機旅客搭乗橋を主力とする航空関連の特殊設備や器材の保守メンテナンスを基盤に、長年培った確かな技術力を活かして、これらの開発、設計、販売まで多面的にサポートしております。
今日では、海外のPBBメーカー(インドネシア ブカカ社)と共同開発した車椅子や足の不自由なお客様が安心して快適に通行できる床段差の無い次世代のユニバーサル型PBB(商品名:EASYWALK®)を新たに設計し、販売しております。

主な業務

  • PBBの開発/販売/保守メンテナンス
  • ANA航空貨物コンテナ搬送システム (Cargo Handling System)の保守メンテナンス
  • その他航空関連設備や器材の開発/販売/保守メンテナンス

空港機器整備事業01

空港機器整備事業02

油脂事業

羽田空港内に給油所を置き、GSEなどの車両に対し、安定的に燃料や油脂類を供給しております。
また、冬季に使用される航空機用融氷剤の販売も行い、ANAグループの安全運航を支えております。

油脂事業01

品質保証体制

当社では各事業の運営にあたり、航空機の安全、定時運航を支え、お客様にストレスなく快適にご利用いただけることを念頭に、社内において品質保証体制を確立しております。

24時間365日、空港内のGSE、PBB、CHSなどがノーマルな状態で不具合なく稼働し続けるため、私たちは自らの行動に対して、確かな自信と責任を持ち、高い品質のサービスを提供しております。

高い品質を保証するために大切なことが3つあります。
@自信と品質の水準を維持、向上させ、かつその品質に責任を持つこと。
A規程など品質保証を行う上で必要となるルールや仕組みを定め、確実に運用すること。
B技術や知識、整備資格を備え、確実な整備作業を行える人財を育成すること。

これら全てが揃って確かな品質が保証でき、お客様の期待に応えられると考えております。

私たちの業務は、航空機をご利用いただくお客様に直接目に触れることはありませんが、各種地上支援器材、空港設備のメンテナンスを通じて、ANAグループを支える大きな役割を担っております。

品質保証はそんな私たちの自信と責任であり、各事業を支える礎となっております。

TOP